カルダノ: 真のディセントラリゼーションの達人 投稿

ビットコインは、ブロックチェーン技術の概念と真の可能性を世界に紹介した第一世代の暗号通貨です。それは確かに、私たちが知っているように銀行や取引を変えるかもしれない最初の分散型プロダクトです。しかし、BTCは特定の場所で不足していました。例えば、いまだにプルーフ・オブ・パワー(POW)を通じて採掘者が消費したエネルギーの総量から採掘能力を計算しています。

環境の観点から見ても、この方法には疑問が残ります。しかし、ブロックチェーン革命が始まって以来、世界中の多くの暗号通貨が、エイダを用いて、プルーフオブステーク(POS)トークン方式に移行しています。これは、POWに基づいた取引の検証を必要としません。

カルダノは、一般的なマイニングプロセスに基づいていないブロックチェーンネットワークです。その代わりに、トークン保有者はPOS構造に基づいて報酬を受け取ります。
カルダノ
カルダノは、BitSharesやEthereu(イーサリアム)の共同創業者であるチャールズ・ホスキンソン氏が運営するInput-Output Hong Hong(IOHK)を親会社に持ち、2015年に初めて暗号通貨の世界に登場しました。ビットコインやEthereumが第一世代の暗号通貨であるのに対し、カルダノは独自のブロックチェーンコンセプトを打ち出した第三世代の暗号通貨です。

カルダノが機能するブロックチェーンの名称に過ぎないのに対し、エイダはユーザーに報酬を与えるトークン名(コイン名)です。カルダノは、例えばテゾスと同じステークスファミリーに属していますが、これまでどのブロックチェーンも達成したことがないような独自の規模で分散化を達成しています。

カルダノでは、Ethereumと同様に、ユーザーがスマートコントラクトを作成することができます。これらのスマートコントラクトは、2人以上のユーザーが第三者を必要とせずに契約を結ぶことを可能にします。つまり、事前に定義された条件が満たされると、全ての手続きが自動化され、完全に分散化されているという真の意味での定義が与えられます。
どのように機能するのでしょうか?

ステーキングプールは、システムのステーキング能力に焦点を当てています。例を挙げてみましょう。

Aさんは1000枚のエイダを持つステークキング・ウォレットを持っていて、一人でやりたい場合、ブロックチェーンはマイニングに最も適した互換性のあるブロックを見つけようとするので、そのウォレットはブロックとして選択されないかもしれません。そのため、Aさんは多くの報酬を受け取れないかもしれません。

一方、Bさんは本当にステークプールに貢献したいと思っていて、投入するコインの数を決めています。 ステークプールの価値は、他のウォレットやプールと比較して間違いなく上昇し、Bさんはプールを解決したことで報酬を得る可能性が高くなります。これは、Bさんの貢献の後、プール内のノード数が増加し、ブロックチェーンがそれらをブロックとして選択するようになるからです。

これは基本的には株式市場のように機能しますが、より安全性が高く、合法的で、報酬を得ることができます。
Shellyの時代

バイロンの時代とは異なり、(科学的な哲学に基づいた)Shellyの時代の方が、カルダノを完全に分散型のプラットフォームにすることに力を入れています。バイロンのシステム下のネットワークはどちらかというとフェデレーテッド・システムでした。しかし、Shellyがブロックチェーンに統合されていくにつれて、より多くのノードがカルダノのコミュニティのコントロールに向かってシフトしています。

Shelly立ち上げの背後には、コミュニティとエイダ・トークン保有者にパワーを還元するという考えがあります。ステイクプールが十分であれば、Shellyの立ち上げ後には1000以上のノードが稼働すると予測されています。これにより分散化が促進され、コミュニティにパワーを還元することになります。
今回のShellyのカルダノブロックチェーンへの導入は、プラットフォームがステークプールシステムを委任し、インセンティブを与える機会にもなりました。POSネットワークとして、エイダ保有者がコインをプールしてネットワークに参加することになります。

ゲーム理論を用いて設計され、最近のPOSネットワークの研究に基づきカルダノはステークプールを通じて、ステークを利用者の手に委譲することになるので、ノードが多ければ多いほど、報酬も多くなります。
実装されれば、ビジネスにおける他の大規模なブロックチェーンネットワークの50-100倍の分散化が可能になると予測されています。現時点では、ネットワークは1000のステークプールの均衡に達するように設計されています。現在、ネットワークは10未満のマイニングプールによって制御されています。これは、POWブロックチェーンが小さな国の電力に相当する電力を使用するのに対し、POSネットワークは小さな家で消費される程度の電力しか使用しないため、より環境に優しい取り組みへの道を開くことになります。
結論
理論的にはPOSネットワークは成功していて、カルダノのネットワークがより良く機能し、ごくわずかな時間で分散化されると言われています。さらに、Shelly導入後のカルダノの報酬システムは指数関数的であり、本当に利用者の利益になることでしょう。これは断然、より環境に優しい取り組みであり、そして確かに最大級の分散型ネットワークの一つの未来と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です