カルダノは、2015年にジェレミー・ウッドとチャールズ・ホスキンソンのIOHKという会社が、ブロックチェーンと暗号通貨の概念を見直すことを依頼されたことで誕生しました。2017年、ジェレミー・ウッドとチャールズ・ホスキンソンのテック企業IOHKは、彼らのブロックチェーンを世界に向けて発表しました。

カルダノのストーリー

2008年に第三者の干渉を受けずに人と人との間で価値を送るデジタル手段としてビットコインが発明され、その数年後にはEthereumが登場し、ビットコインの取引に物語を加えました。

IOHKは、ガバナンスやスケーラビリティ、相互運用性など、残された問題を解決するミッションに着手し、2017年にはチャールズ・ホスキンソン氏が今では有名なホワイトボード動画を作成しました。

このプロジェクトは、世界中の大学の協力を得て開発され、科学的な研究、形式的な方法、ピアツーピアのレビューに基づいていました。その過程で多くの論文が書かれ、新しいプロトコルが発明され、現在、カルダノは新しいグローバルなオペレーティングシステムの基盤となりうるソフトウェアプラットフォームを発表しています。

カルダノブロックチェーンの開発プロジェクトはIOHKに委託されていますが、最終的な目標は、カルダノコミュニティが集まり、システムの将来的なイニシアチブや開発を提案し、議論し、投票することができる投票システムによって管理される分散型システムを作成することでした。

一方、カルダノのコミュニティは、暗号空間全体において最も大規模で熱狂的なものの一つに成長しました。

エイダに投資をした人々だけでなく、世界中の多くのコミュニティメンバーやカルダノアンバサダーで構成されており、世界のビジネスの仕組みを再設計し、最終的にはすべての人により良い人生を創造するチャンスを提供することができる、新しい金融オペレーティングシステムの創造を支援していると心から信じています。